忍者ブログ
ゲームとかバイクとか
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バイク・・・買い替えます。
大型がほしかったんです・・・。
バンディットちゃん、一年間ありがとうございました。

んで今度の相棒はこいつです。
fz6n
FZ6-N・・・!
期待してるぜえ。納車は来月あたりです。
PR
ルートは

行き
出発→長崎多良見インター→長崎自動車道→九州自動車道→門司インター→さくらいる氏を関門トンネル前のコンビニで迎える→下道で福岡→あるげん宅

帰り
出発→古賀インター→九州自動車道→長崎自動車道→長崎芒塚インター→帰宅

って感じです。一泊二日です。
前回あるげん宅に行った時は都市高速除き下道でしたが、今回は高速ばっかり。

出発時(AM 5:00)の格好
 

川登SAだったか金立SAだったかで休憩した時にハーレーに囲まれて俺涙目な図


門司に着きました・・・?!
バーエンドちゃん・・・?


さくさんを迎える(写真なし)

あるげん宅に到着しました。
さくさんへのプレゼントのオフヘルをかぶってみてもらう。
 

KDXイイネー
 

博多に遊びに行きましたが、写真はだいたいあるげんが撮ってました。
あるげんがブログに上げるそうなのでリンクのAwfulshockから見に行ってくださいな。

いざ帰路に就く時。


金立SAで買ったかしわめし的なのがおいしかった。


そして帰宅。
高速ばかりだと面白くないね!

まとめ
あるげんはあるげんだった。
さくさんは印象がまんぶるのまま過ぎてびっくりした・・・。

さくさん遠くからお疲れさまでした。また今度遊びましょう。
次回のオフ会は夏休みの予定らしいです。開催地は広島(呉)だったかな。
さくらいる氏の本気が見れるぜ。
確か納車が10/10/31だったからもうそろそろ半年。
点検も近づいたなぁと思ってたら、このバイクの良い所悪い所が分かってきてた気がしたので色々書きます。




エンジン
常用域は大体3000~5000回転ぐらい。6速3600回転ぐらいで60km/h巡航できる。(多分ノーマルスプロケ)
下のトルクもそれなりにあるのでクラッチオンリーでも発進可能。
だけど大人しいだけではなく、5000回転から上の吹け上がりが官能的。

ただその5000回転までが大人しいと思う。ちょうどその5000回転で谷がある。
低速で引っ張ろうとするとたまにギクシャクする場合もある。
CB400SFほどとは言えないと思いますが、ちょっと慣れれば扱いやすいエンジンだと思います。

ハンドリング
僕のBandit400Vはセパハンなので、コーナーでとても自然に曲がれます。(←英語の直訳みたい)
車体が結構軽いのでスピードを出してカーブを曲がろうとするとなんかぶっ飛びそうで怖いです。
Fフォークもそんなに立派なものではないので暴れることがあります。
ポジションがSSほど前傾ではないので僕は扱い方が分かるまで時間が掛かりました。

そのほか
カッコいいと言うより美しいスタイル。
コケたらフレームが凹む。
ノーマルマフラーに戻すかWRのスリポンにしたい。
エンジンガードが欲しい。
ブラストバリアーをビキニカウル風にしたい。そういうパーツがあったはず・・・。

こんなもんかな。
ツーリング日記とはなんだったのか。
ホンダドリーム長崎主催、浦上自動車学校でありました試乗会の感想を書きます。
ツーリング日記を更新しなきゃいけないけど面倒だからこっちを先に、。

乗った順番で書きます。

CBR250R
予想よりもシートが高くてスポーティでした。体勢はラク。
ハンドリングは曲がってくれる感じというか、思っているように曲がってくれます。
エンジンの感じは、レスポンスやトルクも水冷単気筒なりかなーって感じでしたが、結構上まで回るみたいです。
その代りか、下が思っていたよりもなくて、エンストしてた人が数名いました。

CB400SF
超優秀バイクでした。うん。あらゆるものがスムーズ。
なんか勝手に曲がってる感じがして怖かった。ホンダ恐ろしい。

CB1100
憧れのバイクでしたが、乗って見ると正直空冷リッター四発って怖いかなと思ってしまいました。
この季節なのに股が熱いんですもの、。
走りは回せばリッターの加速を感じれましたが、バーハンだと手が抜けそうで怖かったです。いつも乗ってるバイクのせいかなぁ、。
乗った感じ、おっさんバイク・・・かなあと思ってしまった、。
アメリカンに近いものがあるかもしれないけど、曲がるのがとても楽でした。

VFR1200F DualClutchTransmission
VFRは新技術車両しかなかったです。エンジンの感覚は正直覚えていない・・・。
車で言うところの”半AT”って感じです。
ドライブモードにすると自動でギアが切り替わって行きます。なんか気持ち悪かった。
マニュアルモードだと、左にあるボタンでギアの上げ下げか可能です。
クラッチが無いと違和感が凄かったw

CB1300SB
車みたいなエンジンで、回転数を上げる気が全く起きませんでしたw
車体はCB400SFがそのまま大きくなった感じで、取り回しに問題はなさそう。
これの600~750cc版があれば面白そう。

CBR1000RR
鬼レスポンス。すっげえ楽しそうでした。
ポジションは言わずもかな前傾なSSスタイル。もうちょっと楽なスタイルが理想。
車体を立てるととやっぱり重く感じましたが、セパハンにちょっとでも触れたことがある人なら重さを感じずラクラク曲がっちゃうと思います。
600ccを試乗してみたいなという感想が乗った直後にありました。

VT750S
アメリカンは重くて遅くて乗りたくないかなと思っていましたので、乗らないつもりでしたけどあまりに人気が無かったので乗ってみました。
やっぱり750ccもあるツインなので下からぶっといトルクが湧きあがってましたが、車重が重くてちょっと加速感に欠けてました。
バンク角が無いのであまり傾けれませんでした。
しかし、さすがホンダと言ったところか、曲がりにくいという感じはしませんでした。
でも、やっぱり俺には合わないかな。

このほかにVT1300CXもありましたが、怖かったので乗りませんでした。
なんか壊れそうな音してるしこけそうになってた人結構いたし、。

まとめ
ホンダ車は超優秀
・どのバイクも勝手に曲がってくれる(気合い入れて曲げる感じがしない)
・エンジンがスムーズに回る。
・リッターバイクでも扱いやすい。でも回せばド加速。

恐ろしいぞ・・・。
どこかで600SSとかそのクラスのバイク試乗できるところないかなーと思う今日この頃。
野母崎(長崎半島の一番南端)と最近橋が開通した伊王島に行ってきたので後々書こうと思います。
iPhoneの写真ですけどね、。
グリップ交換しました。
grip
なんか握ってるのが楽になって、前のグリップが固かった事に気付きました。

新しいメット購入しました。
met
OGKのFF-5Vです。
met
グラフィックモデルのGritzerの青で、サイズはMです。
met
met
形もグラフィックも独特だけどそんなにおかしい感じではない(むしろこの独特性を気に入った)ので満足。
met
ウインドシャッター(顎のとこのメッシュ)を付けることによってフィット感がうp
静粛性も前のFF-R3と比べて相当良いし(当たり前)、何より空力が凄いと思う。
まだ高速で試してないけど、前のメットみたいにスピード出しててもブレない。首がラク!
met
でももっと凄いと思ったのがこのpin-lockシールド。
何が凄いかって全く曇らない。ヤバい。対応してるメットを持ってて使ってない人は損してるわ。

全体的に満足れす。価格は2万7000円とAraiやShoeiのメットよりちょっと安いぐらい。
でもコスパは他のブランドのメットと比べても優位にあるはず。
まぁ、それが購入理由でもあるんですがw。

大事にします。
大阪行くの、今回は止めときます。
高速2000円だかになってから行こうかなと、。まぁ行けたらの話です。
ごめんねsitくんとかgatiとか。

まぁ、その分九州ツーリングを楽しもうかなと思ってるわけです。2日か3日かけて。
熊本か鹿児島行こうかと思ってます。wktk。
忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
mathkm(ます)
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/11/15
職業:
Fラン大学生
趣味:
ぼーっとすること
自己紹介:
Q,名前はなんて呼べばいいの?
A,ます とか ますけむ とか ますくむ でおkです。
 ます が一番楽

CS:Sやってます
下手糞ですが大目に見てください

基本的に気が向いたら更新します
ネタは大体gdgdとか独り言
リンクはご自由にどうぞ

SteamAccount
mathkm
Clan
HighVoltage
Club
Club.U and CoolDrive
に所属中

twitter
Negitaku
zoome
YouTube

新しい記事をかくお!
Twitter / mathkm
ブログ内検索
アクセス解析